注文住宅の依頼先の種類とその特徴

有名なハウスメーカーで注文住宅を建てる以外に、工務店や設計事務所に依頼する方法が用意されています。

まず、ハウスメーカーですが、設計から施工まで請け負うタイプの会社になります。

ほぼ全ての依頼を一社で請け負ってくれますので、知識がない人でも簡単に依頼しやすいメリットがあります。

パッケージされた注文住宅の売り方が主流ですので、自由度を活かした住宅づくりに関しては、あまり期待はできません。

自分に合った滋賀の注文住宅の情報が更新されています。

その代わりに一定水準の品質を保っているため、失敗が少なくなっています。

特にデザインに拘りがなく、無難な住宅を建てたい人におすすめできる会社です。



工務店は地域密着型の中小規模の会社が多くなっています。



昔ながらの大工の棟梁の仕事から、会社として発展を遂げたのが、工務店の歩みになります。

とはいえ、全ての工務店が昔ながらの方法で業務を行っているわけではありません。


様々なタイプが存在し、ハウスメーカーとさほど違いのないところも多く見受けられます。


大工仕事に拘りを持った工務店から、デザインや設計を重視したところ、施工が得意な工務店、フランチャイズやデベロッパータイプなど、数多く存在します。


最後の設計事務所は、建築家の腕前を重視した家づくりが特徴です。

デザインに拘れますので、個性的な注文住宅を建てたいのなら、最も適したパートナーだといえます。

ただし、住宅を得意としない建築家も存在しますので、依頼の際には慎重になりましょう。